理想の家を見つけたいならイメージを明確にしよう

家探しの際には、最初に住みたい家のイメージを明確にしておくことが大切です。一戸建てを購入する場合、部屋数や見た目、内装のイメージを予め細かく決めておきましょう。注文住宅を購入する場合にも、総予算や引越し時期などを細かく考えておくことで、より早く、満足度を高く家を見つけることが出来ます。

住宅を購入vs賃貸で利用【徹底比較!】

購入と賃貸では、最終的にどちらがお得なのか

住宅を購入するならば、ある程度金銭的な余裕が必要なイメージがありますが、最終的に払う総額を考えると、一概に住宅購入が高いとは言えません。2人住まいで部屋数が少ない場合などは少し金額が抑えられることもありますが、多くの場合は大きな差が出ません。また、購入した時のみ家が手元に残るため、資産という見方をすれば、購入がお得なケースもあります。

インテリアにこだわりを持つならば購入がオススメ

賃貸住宅の場合は、壁に傷をつける画鋲などを使ったインテリアが禁止されていることも多く、内装を変えにくい仕組みになっています。こだわりのインテリアテーマがあったり、壁紙やキッチンなどの改装も視野に入れているならば購入がオススメです。

[PR]
川西で一戸建て作り♪
外装、内装ともにお洒落に!

思い通りの一戸建ては注文住宅で叶う?話し合いが大切

積み木

家族で話し合って設計を決める

注文住宅は、間取りや内装イメージを自分たちで決められるというメリットがあります。この時、大まかなところから細かいところまで、家族で話し合って決めていくことが重要です。住宅は壁紙や窓の大きさ1つで印象が大きく変わりますし、自分とは違う視点での意見を取り入れることで、家族にとってより良い設計をすることが可能です。

お家

住宅メーカーと相談して土地を探す

土地は住宅メーカーと相談して探すと良いでしょう。なぜなら、土地代と建設費などを全て含めた総予算を理解した上で探してくれるため、費用を抑えて購入出来るからです。南大阪など、県の中心に近く人気が高い土地も、大手の住宅メーカーだからこそ見つけられることがあります。また、イメージする家に合わせた建てやすい土地を紹介してくれるので、その後の工事トラブルが少なくなるのです。

家族

自分で設計する注文住宅の醍醐味

自分の希望を最大限反映出来るのが、注文住宅を自己設計する最大の醍醐味です。間取りだけでなく、バス、キッチンなど毎日使うものも大きさや色などを自分好みに設計出来ます。オリジナリティが有り、住みやすい住宅を求めているならば小さなところだけでも自分で設計してみると良いでしょう。また、完成までのワクワク感が強いことも自己設計の注文住宅ならではです。

注文住宅を建設するまでの流れQ&A

レディ

資金や予算はプロに相談した方が良い?

注文住宅を建設する際に、まずすべきことは資金プランの作成です。希望する生活拠点や将来設計だけでなく、建築費、電気やガスの工事費など、私達が想像しにくい部分まで細かく考慮する必要があります。正確で無理のないプラン作りのためにも、プロによく相談して決めていくと良いでしょう。

土地の購入は住宅メーカーと不動産屋のどちらを選ぶべき?

土地と注文住宅の購入を同時に考えているならば、住宅メーカーで探すのがオススメです。建設まで視野に入れて探すため、総予算内で収めることが可能です。また、南大阪など人気の中心地だけでなく、発展が進んでいる川西の土地など、将来資産になることを考えての信頼出来る土地選びは大手ならではです。

引っ越しや受け渡しで気をつけることは?

建設後の受け渡し、引っ越しをする際に気をつけることは2つあります。まず、アフターメンテナンスの内容確認をすることです。外壁の塗り替えや破損時の保証など、どこまでフォローがあるかということと、保証期間の長さを明確にしましょう。次に、一度担当者の立会いの元で不具合がないかをチェックすることです。入居後の不具合の申請は難しいので、細部まで気を配っての確認が大切です。

広告募集中