女性ドクター

ほくろ除去を行なうなら皮膚科へGO|簡単除去でダメージなし

まっさらな肌を

顔の整形治療

顔にあるほくろが気になって、自分でほくろをむしり取ってしまう人がたまにいますが、後になってから肌トラブルが起こったり細菌感染してしまったりするおそれがあります。そうなってしまってから医療機関を受診するのではなく、最初から医療機関を受診してほくろ除去治療を受けるようにした方が面倒がありません。医療機関で行なわれているほくろ除去治療には、メスを用いた切開縫合法やくり抜き法、凍結法、レーザー法などがあります。ほくろ除去後の再生リスクを少しでも低く抑えたいと望んでいるのであれば、切開縫合法やくり抜き法によるほくろ除去治療を受けるようにするとよいです。一方、日常生活に出る影響を最小限に抑えたいと希望している人には、レーザー法が向いています。

ほくろ除去は、皮膚科や形成外科、美容外科などで受けることができます。ほくろ除去にかかる費用をなるべく安くあげたいと望んでいる人は、保険診療を行っている皮膚科や形成外科で治療を受けるようにした方がよいです。除去するほくろの種類や個数などによってかかる費用が変わってきますが、保険が効く治療であれば、費用の自己負担額を1〜2万円前後で済ませることができます。美容外科は原則的に保険診療を行っていませんので、もっと高額の費用がかかります。しかし、保険による縛りを受けない丁寧な治療が可能になるため、美しい仕上がりを期待することができます。最近は、美容外科クリニック間の競争が激化していますので、よく調べてみれば、リーズナブルな料金の美容外科クリニックを探し出すことができます。

Copyright© 2016 ほくろ除去を行なうなら皮膚科へGO|簡単除去でダメージなし All Rights Reserved.