温かみのある日本の家と機能性の高いスウェーデンハウス

住宅メーカーの特徴はホームページで確認

ホームページには、それぞれの住宅メーカーの雰囲気が大きく表れます。建設からアフターフォローなどの力を入れている点や、展示場やイベントの情報からも特徴が読み取れます。イメージする住宅に合った雰囲気の住宅メーカーを探すためにも、ホームページの確認は重要です。

どう違う?北欧の家と日本の家

機能性に優れた北欧の家

日本の家は壁が薄く、断熱材も少ない傾向にあるため、冬場は暖房に頼って室内を温めることが多いです。ですが、北欧は壁を熱く断熱材を多く使い、窓を3重にするなどの工夫で保温性に優れた家作りが盛んです。温めた空気を逃さず冷えにくい構造が主流となっています。

ナチュラルな温かみを大切にしています

日本では細やかな飾りや工夫がされたインテリアが人気です。照明や壁紙などにもデザイン性が強く求められています。それとは逆に、北欧ではよりシンプルでナチュラルなデザインが好まれます。白やベージュで統一し、照明は温かみのあるオレンジがかったものが人気です。

温かみのある日本の家と機能性の高いスウェーデンハウス

インテリア

スウェーデンハウスの魅力は北欧調の家づくり

北欧インテリアやファッションなど、北欧調のデザインに人気が出るようになってから、スウェーデンハウスの注目度が急上昇しています。暖かく、シンプルで洗練された雰囲気は住みやすくリラックス出来ます。また、スウェーデンハウスは北欧の保温性に優れた家作りを取り入れているので、光熱費の節約になるという魅力もあります。

一軒家

木は呼吸する素材なので住みやすい

スウェーデンハウスを建設する際に、材料に木が多く使われています。「木は呼吸する」とよく言いますが、これは木が調湿可能な素材だということです。家の中の湿気を上手く外に排出してくれるため、ガラスに結露が出来る心配がありません。その上、壁を中を水分で傷めることがないので、長持ちする丈夫な家作りをすることが出来ます。

女性

断熱性に優れた家は光熱費の節約もできる

冬場の冷え込みが厳しく、夏も高温にならない北欧では、壁を厚くして断熱材を豊富に使う設計がされています。なので、1度暖房を付けるとしばらく温かさが持続し、長い目で見ると光熱費の大幅な削減に繋がります。また、ガラスを3重にしたり、木材を使って建設することで、冷えにくい環境になります。家の温度を一定に保つことは、健康面と節約面のどちらにも魅力です。

資金計画をコンサルトと相談

住宅購入の資金計画は、コンサルトに相談して無理のないプランを作ることが大切です。資金計画は理想の家作りの要なので、1番最初に考えておきましょう。現在のライフプランだけでなく、将来の子供を作る希望や、転職、介護、支払い中の定年の有無などを考慮しましょう。

広告募集中